生理不順・PMS

PMSの症状トップ5

1. イライラ
2. 腹痛・下腹部痛
3. 頭痛・頭が重い
4. 眠気
5. 胸の痛み・張り
などが代表的な症状です。

からだの症状

腹痛・下腹部痛・胃が痛い・下腹部がふくらむ・お腹が張る
・腰痛・腰が重い・お尻から背中が痛い・肩コリ
・胸の痛み、張り・頭痛・頭が重い・吐き気・寒気・のぼせ・動悸
・めまい・貧血・気を失う・カゼに似た症状・のどが引っかかる
・微熱が続く・眠気・肌アレ・ニキビ・吹き出物
・股のあいだのできもの・頭皮が脂っぽくなる・フケが出る
・目の奥がズキズキする・目がハレる・歯茎がハレる・口内炎
・くちびるのアレ・アトピー・かゆみ・だるい・疲れやすい
・むくみ・体重が増える・太る・ウエストが太くなる
・食欲増進、減退・甘いものが食べたい・アルコールに弱くなる
・消化不良・便秘が治る・下痢・排便痛・排尿痛・頻尿・痔が悪化
・おならが出る・尿が臭う・体臭がきつくなる
・デリケートゾーンのかゆみ・少量の出血・おりものに血が混じる
・おりものが増える


ココロの症状

イライラ・精神的に不安定・憂うつ・うつっぽくなる
・無気力・集中できない・細かい作業ができない
・ボーっとする・朝起きられない・不眠・寝つけない

月経前(生理前)に起こる不快症状

月経開始の1~2週間前あたりから、身体や心に不快症状が起こり、月経のはじまりとともに消えるのがPMSの特徴です。

月経困難症→「月経痛(生理痛)」とは違います。

PMSは月経がはじまると症状が消えますが、月経困難症は月経がはじまって2~3日目ごろがピークになります。


PMSの原因は、排卵後の女性ホルモンの急激な変化が関係しています。
とくに月経前(生理前)には黄体ホルモンの分泌が増えて、月経が始まると急に減るので、このホルモンが関係していると考えられています。


症状には個人差がありますが、代表的なものとしては、腹部の張りや痛み、乳房の張りや痛み、むくみ、頭痛、肩こり、体重増加、便秘などの身体的なものと、イライラ、ゆううつ、無気力、集中できないなど、精神的な症状があり、ストレスはPMSを悪化させます。

PMSは精神的な影響がとても大きく関係しているので、ストレスがかかるとPMSを悪化させます。

カウンセリングでは、精神的なストレスにまず気づくこと、そして日ごろから自分でしっかり整理し、溜め込まないように出来るように、指導していきます。


PMSの症状があらわれた時は!

まず!ゆとりを持つ事
リラックスをする事
不快な事をガマンしない事
ストレス要因を増やさない事

日ごろからストレスに弱い人は要注意が必要です。

上手に気分転換をしましょうね!

以下の方は特にPMSになりやすい傾向がありますので、よく読んで思い当たることがある方は、減らす努力をしてみましょう!


<月経前緊張症になりやすい人の特徴>
タバコを吸う人、お酒・コーヒーをたくさん飲む人、
間食の多い人・きちょうめん、完ぺき主義、負けず嫌いの人
神経質、感情を表に出さない、ガマンするなどの傾向がある人
女性であることを受け入れられない人、月経をわずらわしいと思う人

などは、PMSになりやすい傾向があります。

PMSの治療法&セルフケア
それぞれの症状に合った自然療法をしましょう!
とくに症状が重い場合や、急に症状がつらくなったときには、子宮内膜症や子宮がんなどの病気がかくれているケースがあるので、婦人科での検診は受診して現状の把握をします。

そして、必ず基礎体温とPMS日記をつけて
最低3ヶ月のデーターをもって、健康相談にお越しください。


~基礎体温とPMS日記の付け方~
1.日付を記入する。
2.生理周期を記入する。
生理が始まった日を1日目として生理周期を記入する。
3.経血量を記入する。
月経期中、経血量がどう変化するかを、「多い」「普通」「少ない」の3段階にして記録する。
4.基礎体温:基礎体温計を使い、毎朝起床時、起き上がる前の体温を舌の下で測定し記入する。
5.毎朝できる限り同じ時間に体重を測り記入する。
自分の決めた標準体重からの増減を記入する。
6.症状を記入する。

健康相談に来るまでに、ご自身でできるおススメのセルフケアがありますので、お試しあれ!
おススメのセルフケア方法
アロマ

カモミール・ローマン フローラル系
心:精神的なダメージがあるときに。
体:頭痛、腹痛、歯痛など、様々な痛みに。
肌:じんましんやアトピーなどアレルギー性のトラブルに。


クラリセージ ハーブ系
心:不安、緊張、恐怖など、精神的なトラブルに。
体:肩こり、筋肉痛、頭痛、整理痛、更年期障害に。
肌:ふけや脂っぽい頭皮の改善に。


サイプレス 樹木系
心:イライラしているときに。
体:むくみやセルライトの予防に。
肌:汗をかいた後や、体臭予防に。


ジュニパーベリー 樹木系
心:リフレッシュして集中力を高めたいときに。
体:老廃物を排出するので、肩こりやむくみ、筋肉痛に。
肌:にきびや吹き出物に、または、スポート後のケアに。


ネロリ フローラル系
心:ストレスなどで疲れた心に。
体:ストレスによる体調不良の改善に。
肌:シミやシワ、そばかす、タルミなどに。(新陳代謝を促進)

グレープフルーツ 柑橘系
心:明るく前向きな気持ちになりたいときに。
体:二日酔いや消化不良などに。
肌:にきび、吹き出物、体臭予防に。


ゼラニウム フローラル系
心:情緒不安定、更年期障害などに。
体:むくみや肥満の解消、生理痛、PMS、更年期障害などに。
肌:しわやシミの改善、肌の若返りなどスキンケアに。


ラベンダー フローラル系
心:深いリラックスや安眠したいときに。
体:頭痛や筋肉痛、胃痛、月経痛などの痛み、免疫力強化に。
肌:火傷の手当、ニキビや傷の回復、スキンケア、ヘアケアに。


イランイラン オリエンタル系
心:不安、緊張、ストレスから解放されたいときに。
体:女性の生理痛、男性のインポテンツ等の性的な障害に。
肌:乾燥肌、脂性肌、育毛や頭皮の改善に。


他には、マッサージへ行って血行を良くしたり、人に触れてもらうと安心したり、エネルギーの交換もできるので信頼できる男性施術者が陰陽バランス的にはおススメです。

彼やパートナーがいる方は、是非!マッサージしてもらいましょうね!
背中(肩甲骨の間)や首筋、太ももなどを撫でてもらうだけでも効果があります。

SEXが出来るなら、一番即効性のある解決方法でもあるので、頭で嫌がる癖がある場合は、なかなかPMS中のSEXは、受け入れられないかもしれませんが、心が開き受け入れ態勢ができると、PMSが嘘のように、ピタリと治まることもあるので、協力してもらってね。

血行促進にはフットバスや軽い体操、ヨガなども効果的です。

自分なりのリラックス方法を見つけてみてね!

日常生活での注意点
十分な睡眠を心がけ、食事は、コーヒーなどカフェインの多いもの、糖分、塩分をひかえます。

そして副交感神経を高めるものを意識して食べましょう!

カルシウムの多い食品
(野菜、豆腐、ほうれん草、モロヘイヤ、魚など)ものをとる。

マグネシウムを多く含むもの
(海苔、納豆、海藻など)や、ビタミンD(きのこに多い)を一緒に摂る

一緒でないと、カルシウムは吸収されません。

これらは、副交感神経を高めるのでイライラや興奮を抑えます。

ストレスでビタミンCやB群はドンドン消耗します。

緑黄色野菜や玄米などバランスよい食事で、ビタミンミネラルを補いましょう!サプリを使ってもOKです。

PMSになったから取り始めるのではなく、日ごろから意識してカラダつくりをしましょうね!

基本の食生活を改善することで、PMSの症状は軽くなります。


基本は10個の食材たちを食事に摂り込むこと。

「まごはやさしい」
「ま⇒豆」

(納豆・大豆・豆腐・あずき・黒豆・油揚げ・高野豆腐など)
「畑の肉」といわれる大豆は、良質のタンパク質、ミネラルが豊富。栄養バランスが良く、生活習慣病予防に効果的です。豆腐なら3分の1丁、納豆なら1パックを毎日食べるようにしましょう。

「ご⇒ごま」

(アーモンド・ごま・ピーナツ・くるみ・栗・ぎんなん・松の実など)
ごまは、タンパク質・脂質・ミネラルがたっぷり。老化の原因となる活性酸素を防ぐ抗酸化栄養素も含みます。種実類の栄養成分は、切ったり刻んだり、すりつぶして使うことで、効率よく利用できます。
⇒肥満もカラダの酸化が原因!抗酸化作用を多く含む食べ物

「わ⇒わかめ」

(ひじき・わかめ・のり・昆布・もずくなど)
カルシウムなどのミネラルが豊富。海藻類は酢や油と組み合わせると栄養成分が効率よく摂取できます。調理に酢・柑橘類の汁・植物油を利用しましょう。

「や⇒野菜」

(ほうれん草・トマト・白菜・キャベツ・セロリ・もやしなど)
β-カロテンやビタミンCが豊富。皮膚や粘膜を健康に保ち、抵抗力を維持します。野菜は1日350g(1/3量は緑黄色野菜、2/3量は淡色野菜)が目安です。煮たり炒めたりの加熱調理でかさを減らすとたくさん食べられます。
⇒あと60g!栄養士が伝授する野菜を効率的にとり入れるコツ

「さ⇒さかな」

(青魚や鮭など)
あじは、DHAやEPA・タウリンが豊富で、血中のコレステロールを減らし、血液をサラサラにする働きと、疲労回復に効果があります。週に最低3食、できれば5~7食を魚料理にするとよいでしょう。

「し⇒しいたけ」

(まいたけ・マッシュルーム・しいたけ・しめじ・エリンギ・なめこなど)
しいたけは、カルシウムの吸収を助けるビタミンDが豊富で、カルシウムを骨に定着させるのに有効です。日光に当てることで、ビタミンDの量が多くなります。きのこ類は、食物繊維やビタミン・ミネラルの宝庫です。たっぷり食べても低カロリーなので安心です。

「い⇒いも」

(じゃがいも・さつまいも・里芋・山芋など)
炭水化物・糖質やビタミンC・食物繊維が豊富です。根菜類は腸内環境を整えてくれます。
⇒美肌は腸内環境から!食事で内側からキレイを作る方法


穀類は抜かないこと
米、麦、雑穀(ひえ、きび、あわ)など
精製度の低い白くないものを選ぶ

そして、水と油、塩もしっかりとる事
基本を大事にしていないと、どんなに気を付けても、良いものをとっても効果はありません。

 

絶対に避けてほしいモノ

何を食べないかというのが、実はとても重要です。

1⃣カフェインを控える
カフェインを摂りすぎると
●鉄分の吸収を妨げる●不眠症の原因になる
●血管の収縮作用により偏頭痛が起こる
●自律神経が乱れて肩こりや気分にムラが生じる
●尿と一緒にカルシウムがでていく

カルシウムや鉄分が不足してくると、イライラが増します。

熟睡できない場合、頭痛、肩こり、疲れやすさ、むくみなどが引き起こされ、それに伴う症状も出始めます。


2⃣糖分を避ける
酸性の白砂糖が大量に体内に入ると、
それを中和して弱アルカリ性に戻すためにドンドンミネラルが消費されます。

結果、体内からミネラルを取ろうとするので、骨を溶かして、骨の中のミネラルを消耗していきます。

そして、砂糖は衝動性とうつを引き起します。

糖分の摂りすぎが精神障害にもつながることは、様々な研究でわかっています。

生理前の糖分を控える理由はこれ分かったと思いますが、普段から砂糖の摂取にも十分気を付けてください。

生理前は特に、お米や小麦の摂取も控えましょう!


3⃣良くない油を避ける
加工食品(市販の安い油やファーストフード、スナック菓子、冷凍食品など)には質の悪い油が含まれます。

これらの油は、一時的な興奮状態を生み出します。
(脳の報酬系を刺激してβエンドルフィンという物質を放出する為です。)

これは、すぐにまた、イライラを引き起こし悪循環を生みます。

良質の油をきちんと採ると、細胞が活性化し、健康な心と身体が作られます。


4⃣血糖値をあげるものを避ける
血糖値をあげるものを摂ると、交感神経が活発になります。
それは不眠やイライラの原因となり、血液もどろどろになっていきます。

血流が悪くなると、身体は疲れやすくなり、PMSの症状も悪化させてしまいます。

スナック菓子やジュース、菓子パンなどは避けましょう!

5⃣お酒やタバコもほどほどにし、ビタミンB6、ビタミンE、カルシウム、マグネシウム、大豆イソフラボンなどをサプリメントから摂取してもOKです。

おすすめ品は、サロンにおいてあるので、何をどこで購入してよいかわからない方は、いらしてみてくださいね。発送も可能なのでお電話又はお問い合わせフォームからご連絡ください。

PMSのご相談ご希望の方は、上記の注意事項を実行し、3ヶ月間の基礎体温とPMS日記をつけた上で、健康相談をお申し込みください。