親子問題

この問題が、実は生きにくさの原点になっています。

厳しく育てられた子
放っておかれた子
虐待を受けていた子
親の愛を知らない子
死別や離婚を経験した子
親が居ても自分を生きれていない子
親を知らない子

など、境遇はさまざまです。

おかれた環境を理解することと、親と子の本質の違いを理解することが必要になります。

親子だからこその盲点と、このぐらいわかって当然のような感覚と体裁にとらわれていることを取り除き、自分を知り、相手を知る事が必要になります。