頻尿・おねしょ

<幼児期から学童期のおねしょの原因>

おねしょは、尿をためる膀胱の大きさと、夜間睡眠中に作られる尿量とのバランスが悪いために起こり


無意識のうちに尿が膀胱からあふれてしまうことをいいます。


幼児期は、まだこのバランスが整っていないので、幼児期にみられるおねしょは、発達途上にある生理的な現象なので心配ありません。

なのでもちろん、治療も必要ありません。

5~6歳をすぎて、頻繁におねしょをする場合には、発達が思うようにいっていないと考えられるので、一度相談に来てみてください。

その子の発達レベルを理解するために、現在何が出来て、何が出来ないのか、それは問題ないのかなどを、健康相談で確認します。


「夜尿症」として生活指導や治療が必要にになった場合は、
「夜尿症」には色々な原因があり、その原因によっては食事の改善、生活習慣の見直しが必要になります。


腎臓は、尿(おしっこ)を作るところであると同時に、対人的ストレスをため込む臓器です。

腎臓は、体にとって不要となった水分や電解質などを、
血液を介して糸球体といわれるところでまず濾過し、そのうえで、尿細管という部分で、再度必要な水分等を体にもどします(再吸収)。

このとき、抗利尿ホルモンが少ないと尿細管での再吸収が不十分となって、うすい尿がどんどん作られてしまいます。夜尿症で夜間にうすいおしっこがたくさん出てしまうのは、このような仕組みがあるからです。

どんなおしっこが出ているのかを確認してみてね。


そして膀胱は、腎臓でつくられた尿(おしっこ)をためるところで、赤ちゃんの時期は、排尿を抑制する力が未熟なために、少し尿がたまるとすぐおしっこをします。

ですが幼児期になると、次第に抑制機能が働くようになるので、膀胱にためる尿量も多くなってきます。

~機能的膀胱容量~
6~7歳で150㏄
7~8歳で200㏄
8歳を超えると250㏄はためられるようになるのが普通です。

ところが、夜尿症の子は、この機能的膀胱容量が年齢と比較して小さいので、睡眠中に膀胱に尿が十分にためられずにもらしてしまいます。

このような場合、日中は頻尿のことがあるので、おしっこが近くないか?観察してみましょう。


また、昼間は我慢して、尿を充分ためられるのに、寝てしまうと膀胱機能が不安定になって、少ない尿量でもおねしょをしてしまうことがあります。

これを解離型といいます。

腎臓は、腹腔内に左右二つあります。

各々の腎臓から膀胱へは、腎臓でつくられた尿を膀胱に
送り込む尿管でつながっています。

抗利尿ホルモンは、脳の下垂体後葉で分泌されます。

このホルモンは、日中は少なく、夜間睡眠中に多量に分泌されるという特徴があります。

なので日中は抗利尿ホルモンが少ないために尿量は多くなり、夜間は抗利尿ホルモンが多くなるので少なくなります。



ところが夜尿症の場合は、夜間にたくさん分泌されるはずの抗利尿ホルモンが少ないため、夜間の尿量がとても多くなってしまいます。

夜尿症の原因の一つとして、この抗利尿ホルモンの夜間の分泌不足があります。

夜尿(おねしょ)は、心理的なストレスを受けると悪くなることがあり、たとえば、親にきびしく怒られた時や、4月になってクラス編成替えや担任が変わったり、あるいは「いじめ」などによってストレスが生じると、明らかに悪くなります。

こういったストレスが原因の場合、抗利尿ホルモンの分泌に影響して、ぐっしょり型の夜尿となることが多くなります。

夜尿(おねしょ)は、眠りが深すぎるからとか、
水やおしっこの夢をみてしてしまったからなど、
眠りの深さや夢を見る睡眠(レム睡眠)との関係が影響しているとも言われていますが・・・。

実際には、軽い睡眠でも、深い睡眠でも、あるいはレム睡眠でもおねしょはします。

なので、睡眠の深さや夢の問題は、それほど関係ないかなという感じです。

むりにおむつを取ったり、もう大きいからとおむつを取る方向ばかりに目が向いているケースが多いのですが、夜中に起こして排尿させると、睡眠リズムが乱れて抗利尿ホルモンの分泌が減って、
ぐっしょり型の夜尿が固定してしまうので、必要ならおむつもOKなので、恥ずかしがらずにその子に合ったリズムで上手におむつも使っていきましょう!

昔からの早寝・早起きといった健康な睡眠リズムが、夜尿から自立していくために最もよいと思いますが、塾等の関係もあって思うようにはいかないのが実情です。

図に示されるように、夜尿(おねしょ)は、夜間に作られる尿量と、それをためる膀胱の大きさとのバランスがくずれると生じます。

なので、幼児期にみられる夜尿(おねしょ)は、まだこのバランスが発達途上にあるので心配ありません。


一方、学童期にみられる夜尿は、主として脳の下垂体機能など神経・内分泌(ホルモン)系統に発達の遅れがあるために、尿量が調節できなかったり、膀胱容量が小さすぎてためられなかったり、冷え症状やストレスなどによってそのバランスが不安定になって生じることが考えられます。


このように、夜尿症の原因にはさまざまなことがあるので、まずよく観察してしっかりパターンを理解することをしていきましょう。


子供のおねしょは通常3〜5歳頃までにほとんどなくなります。

成長するにつれてドンドン膀胱機能は発達します。
すると昼間の1.5〜2倍の尿をためておくことが出来るようになります。

年齢と照らし合わせて、悩むのではなく、その子それぞれの発達があるので、誰かと、何かと、普通はと比べて判断しないようにして下さいね。

<大人のおねしょ(夜尿症)の原因>

学童期になってもおねしょが残る子供は全体の10%ほどです。

この時期まで残っているおねしょは、「夜尿症」と呼ばれ、幼児期のおねしょとは区別して考えます。

この場合発達問題や病気が隠れている場合があるので、幼児期のおねしょとは、考え方や対処法は異なります。

大人のおねしょも、当然「夜尿症」です。

中学生の頃から年に1〜2回のおねしょをしてしまうとか、熟年になってから始まり、週に数回してしまうなど、年齢や頻度は様々です。

<一次性夜尿症>

少し間隔があくことがあっても、おねしょが生まれた時からずっと続いている状態を一次性夜尿症といいます。

大人になってもおねしょが治りきらない人の8割以上が、
一次性夜尿症に当てはまります。

一次性夜尿症の原因は、膀胱が小さくて十分な尿量を溜められないという身体的な原因、または、夜になると尿をつくる量を抑制する「抗利尿ホルモン」の分泌が少ないため夜間も昼間と同じくらいの尿が作られてしまうなど、排尿に関わる機能に問題があることがほとんどです。

これは、食生活の改善、生活習慣の見直しでかなり改善できます。

<二次性夜尿症>

子供の頃はおねしょがなかったのに、大人になってから突然おねしょが始まってしまった。このような場合を、二次性夜尿症といいます。

実は、大人になってから突然のおねしょで一番多いのが、突発的なもので、泥酔してしまい、気がついたら布団がびしょびしょになっていたとか。

睡眠中に尿意を感じたのでトイレに行かなければと思いつつも・・・。
疲れていて起きられずに、夢の中でトイレに入ってしてしまった。
など・・・。

このようなおねしょは、かなりの人が経験している事かと思いますが。

ショックですよねぇ~;;

明らかに飲酒のせいで、やってしまった場合は、そんなになるまで飲まなければ、心配ありません。

ですが後者は、夜間頻尿が原因かもしれないので、注意が必要です。

<大人のおねしょの原因の二次性夜尿症と病気>

おねしょが続いてしまった場合は、二次性夜尿症が考えられます。

その原因で一番多いのが、自律神経の乱れです。

疲労の蓄積、過度のストレス、夜勤のある仕事に携わっていて生活リズムが乱れていると、自律神経に支障が現れます。

すると、夜間に尿を少なくする抗利尿ホルモンの分泌が減少し、昼間と同じくらいの尿を作ってしまうため、膀胱が溜めておけずに漏らしてしまうことになります。尿失禁までに至らなくとも、夜間頻尿になって生活に支障が出ることがあります。

また、稀にですが腎臓や膀胱の病気が隠れている場合があるので、大人になって睡眠時の尿漏れが始まってしまったなら、すぐにでも健康相談にいらしてください。

今の状態を、しっかりカウンセリングし、
一日も早く本来に戻しましょう!