夫婦の問題・離婚

夫婦が出会う意味を知っていますか?

大きく分けると次の5つの意味があります。

①本能的な段階:子孫繁栄の為
②感情的な段階:自分の価値を証明する為
③学びの段階:互いに関係を持つことで、人生について何かを学ぶ為
④受容の段階:あるがままを認められる精神状態
⑤存在の段階:潜在的に知っていた相手との出会い

多くの方が②③の段階での結婚を経験されていると思います。

●感情的な段階とは

相手よりも自分が優先的でありたい。自分が幸せになる為に相手が必要であるという価値観です。

相手に対しての要求が多く、そぐわないと不平不満が出てきます。このような夫婦の多くは、子どもとの関係性の中でのみ夫婦であり家族を保っています。
目の前の相手に求め、目の前の相手から逃げるのではなく、真剣に向き合うことが幸せになる鍵です。

●学びの段階とは

相手との関係性の中で、人生の学びを得る段階です。多少感情的になりながらも、必要以上に相手に求めることをせず、自分自身と向き合っていける状態です。

相手との間に起こる出来ごとは、自分を高める為の糧として起きます。その糧からどれだけのエッセンスをキャッチし、生かしていけるかが、夫婦関係をさらに高めるポイントになります。

自分は、どの段階にいるか?の把握と、どうしていきたいのか?の明確化そして、相手のことを知ることが必要です。カウンセリングを通して、理解を深めましょう。


離婚をすでに考えている方

離婚を考えている方のほとんどが、感情的になっていて真実が見えていない場合があります。


カウンセリング次第では、離婚をする必要が無いご夫婦もいます。
まずは、その見極めが大切です。

修復できる可能性がある場合は、お二人でいらしていただくこともあります。

それでもするのであれば今後のご自身の生き方や、お子さんの今後などもふまえて、沢山の検討が必要です。

また浮気などの問題がある場合は、しかるべき対処方法などもお話します。
離婚は、あなたが幸せになる為の離婚をしなくては意味がありません。
起こることは、すべて幸せになるために起こっています。