断薬したい精神薬・睡眠薬など

90%挫折しない睡眠薬、精神薬の減薬・断薬方法

薬がないと眠れない、落ち着かない・・・。

「薬をやめようと頑張ったが、全く眠れず2週間で挫折してしまった」

「精神薬の服用をやめて1か月は我慢したけど、もう限界」

「精神科医の指示通りに断薬を進めていたが、離脱症状が出て元の服用量まで戻してしまった」

など、断薬しようと頑張っても、一人では挫折することが多く、軽い気持ちで精神科を受診し、言われるがままに、処方された睡眠薬や精神薬を飲んではいたが、
「三食のご飯のように飲んでいた薬が、こんなに依存性の強いものだったなんて」( ;;)とショックを受けてしまった方もいるかと思います。

最近のケースで、一番私がびっくりしたのは、子どもの学習障害などにまで、簡単に薬を処方して、症状をただ薬で抑圧し、なかったことにするという治療をしている精神科医が多いという現実です。

お子さんを連れて断薬の相談に来たケースには、正直ショックであり、驚きました。



でも、大丈夫!安心してください。

依存が進んでしまっていたとしても、正しい方法で薬を減らせば、必ず断薬することができます。

結論から述べると、断薬を成功させるためには、
ゆっくりと薬を減らしていくことが一番重要です。

これは、精神薬や睡眠薬に限らず、脱ステロイド、血圧の薬などにも言える事です。


薬を断薬するためには、「必ず離脱症状(不眠や悪夢など)と闘わなくてはならない」と思っている方もおられると思いますが、全員がそうなるわけではなく、むしろそれは稀で、ゆっくり薬を減らしていくことでほとんど離脱症状を出さずに断薬を成功させることができます。


「ゆっくり断薬を進めたのに失敗したことがあります」
という方は、それはまだペースが早すぎたのです。

薬依存で悩む多くの方をはじめ、多くの医療関係者も「ゆっくり薬を減らしていく」を取り違えています。

~断薬のペースとは~

普通は、ゆっくりと聞くと、一週間ごとに4分の1を減らすくらいのペースを考えます。

ですが、そのペースでは、まだまだ全然早過ぎです。

減薬に理解がある医者でも、ニ週間に4分の1を減らすくらいのペースを提示することが多いようですが、それでも早過ぎます。


適切なペースは当人の依存状態によって変わってくるのですが、目安としては二週間ごとに10分の1~20分の1を減らす程度のペースが理想的です。

なので、期間はそれ相応にかかります。
短い方で半年、長い方だと1年半ほどの期間を要することになります。

時間はかかりますが、自分に合ったペースさえ守れば80%以上の確率で断薬は、成功させることができます。

ただ薬を絶つだけでは、断薬の意味はなく、
断薬の本当の意味は、薬がなくても健やかで、幸せでいられることです。

それには、薬を絶ちながら、今までに溜め込んだ薬の害をデトックスし、良質なビタミンやミネラルをしっかり摂取して、本来の健康な状態に戻すことも同時に進めなければなりません。

他には、食生活の見直し、生活習慣の改善、仕事の環境、家族とのコミュニケーションも同時に、見直していく必要があります。

ですが、適切なペースで減薬を進めることや、これらのことを、口で言うほど簡単な事ではありません。

最中は、様々な壁にぶつかります。

あきらめたくなる時も来るでしょう。

ですが、一人では、めげてしまいそうなことも、しっかり誰かが見ていてくれて、励ましてくれて、結果を喜べる相手が居れば、必ず頑張れます。

その誰かの役をするのが、GodmomCareの役割です。

断薬を成功させるためには、
適切なペースを維持する工夫が必要です。


適切なペースで薬の断薬を進める3つのルール!

1⃣精神科医には頼らない、精神科医は信じない

2⃣代替療法を上手に活用する

3⃣断薬のスケジュールを立てる


断薬を本気で成功させようと思うなら、
精神科医に頼るべきではありません。

その理由は二つあります。

1⃣多くの精神科医は睡眠薬の断薬に関する知識を持ち合わせていないということ。

2⃣そしてもう一つは精神科医は患者の精神疾患を治す気がないということです。

日本の精神科医の多くは薬を処方することには慣れていますが、断薬することに関しては素人さながらの知識しか持ち合わせていません。

なぜなら日本の精神科医は、
薬を一生服用することを前提に処方しているからです。

悪い精神科医がほとんどで、
「そんな馬鹿な」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これが日本精神医療の実態です。


そしてこれは二つ目の理由、
「精神科医は患者の精神疾患を治す気が無い」にも繋がります。
精神科医は薬は処方すればするほど儲かります。
ですから断薬の手伝いは金づるを失う行為でしかありません。

彼らからすれば、患者が完治するかどうかなんて知ったことではないのです。
むしろ薬を服用して依存してくれる方が稼ぎになるので、患者の精神疾患を治そうとしません。

これが現実です。

精神科医が信用ならないということは、実際に受診したことがある方は、共感されると思います。

精神科を訪れると簡単な診察で当たり前のように、睡眠薬や抗不安薬などが処方され、それらの依存性に関する説明や副作用については一切されません。

そして彼らは「精神疾患は薬を飲まなければ治らない」という脅し文句を、決まり切ったように言います。

精神科医は、当たり前のように嘘を言います。
そして依存性に気づき患者が「薬を減らしたい」と言うと、医者は露骨に嫌な顔をし、「まだ早い」などと言うでしょう。

もし断薬を嫌々ながら手伝ってくれたとしても、二週間で4分の1ずつ減らすといった早過ぎるペースを提示するはずです。そうすれば、また苦しくなって、薬に頼らざる得なくなることを知っているからです。

なので、上記の理由から、断薬を成功させるためには、精神科医を頼るわけにはいかないのです。

ですが、断薬していく過程で薬だけは処方してもらう必要があります。

断薬を推奨し、断薬のスペシャリストである、内科・精神科医の内海聡先生と、GodmomCareは提携していますので、安心してください。

あなたの主治医はこちらの言う通りに薬を処方してくれるでしょうか?
たぶん、そうそうはいないと思いますので、条件としてこちらの、都合の良い医者を探す必要があります。

その為には、しっかり勉強し、自分軸がぶれないことが大切になります。

ぶれそうな心のケアーもGodmomCareで、サポートします。



東洋医学や代替療法(ホメオパシー)で断薬を補助

都合の良い医者を探す方法としては、漢方治療をメインに掲げている病院や、代替医療を取り入れている病院訪ねてみることをおすすめします。

なぜなら東洋医学や代替療法に力を入れている医者は、睡眠薬の断薬に理解を示してくれることが多いので、減薬の為の薬を処方してくれる事があります。

また鍼治療や漢方、ホメオパシーなどは、断薬の補助として有効であり、成功率を上げるために役立ちますが、ホメオパシーは稀に、不必要な蓋を開けてしまう恐れがあるので、自己判断で、始めないことをお勧めします。

ただやはり東洋医学の医者も断薬に関する正しい知識を持っている可能性は非常に低いので、あくまで主体的に減薬を進めていく姿勢が大切です。


断薬のスケジュールを管理する

断薬スケジュール

主体的に断薬を進めていくとなると、自分の管理は自分でしなくてはなりません。

あなたは自分を律し、理性的に断薬を進めていくことができますか?

もし少しでも不安があるなら、不安だからこそ、しっかりとした
自分だけの断薬スケジュールを建てることが必要になります。


~スケジュールを建てるメリットは2つ~

1⃣日頃から達成感を感じられることで、「薬なしで出来た!」という自信をつけていくことができるというメリット
今日もできた!今月も減らせた!また減らせた!という、積み重ねが書くという事や、文字で目で見えることによって励みになるので、断薬を成功させるためには非常に重要になります。


2⃣焦りを抑制することができるというメリットです。

断薬に挑戦する方はいかんせん「一刻も早く薬を絶って!」という思いが強いものですから、ついつい焦ってしまいがちです。

「今週は調子良いし、ちょっとだけ断薬のペースを早めちゃおうかな!」などと、未計画で、感情に流されるという思考が失敗につながります。

スケジュールを建てると客観的に進捗を確認できるので、「いやいや、このままのペースで焦らずに進めよう」と自制することができようになります。


スケジュールの管理は何を使っても問題ありません。

ノートに表を作るもよし、カレンダーにメモをするもよし、スマホアプリを使うもよしです。

~減薬のペース~

断薬のペースについては上でも述べましたが、二週間で10分の1~20分の1ずつ減らす程度が目安です。

最初は二週間で10分の1ずつ減らしてみて様子を見ることをおすすめします。

いきなり離脱症状が表れるようでしたらペースが早い証拠ですから、少しペースを落とします。

離脱症状が表れなければそのままのペースでOKです。


スケジュールの建て方はそこまで難しくありませんが、一つ注意点があります。

それは最初に決めたペースを厳守する必要はないということです。

直前の例でも述べた通り、
離脱症状が出てきたら迷わずペースを落とします。

そのタイミングの服用量をキープし、
減薬を停滞させてしまっても構いません。

段々と睡眠薬が効かなくなっていくように、服用量をキープしていれば段々と離脱症状も出なくなってきます。

離脱症状が出なくなってから減薬を再開させます。

断薬のNG行為

ただし睡薬の服用量を戻してしまうことはNGです。

後戻りしてしまうと努力が無駄になってしまうので、服用量をキープしてなんとか耐えぬきましょう。

またいくら調子が良くても断薬のペースを早めるのもNGです。

これは上でも述べましたが、断薬に焦りは禁物です。



ですから「そのまま」「ゆるめる」「停滞」の3つからペースを随時選択することになります。

「必ずしもペースを厳守する必要がない」というのはこういうことです。

少しでも離脱症状が表れたら、無理せずペースをゆるめるか停滞させるかのどちらかで対応しましょう。

断薬を始めるには、それぞれのスタイルや性格に合ったスケジュールをしっかり組んで断薬をスタートさせる必要があります。

GodmomCareではその、サポートを行っています。