アトピー性皮膚炎 その1

ケースその1 
2014年2月15日ブログ過去記事から

我が子末っ子8番目君が5歳の時の実話です。

アトピーと多動、ゲーム、砂糖、愛情不足についてです。

末っ子8番目君が3ヶ月前からアトピーになっています。

発症のきっかけは、どうやら私の留守中にパパさんが
古い蕎麦を食べた事で誘発され。

原因は、私が留守がちだった事がストレスになって蓄積されていたものが
爆発したという感じです。



昨年あたりから、気になっていた。
チビチビの歩き方


飛び跳ねるように歩く
音を立てて歩く
常に走る
常に動いている

ゲームをしている時の集中力以外は
全体的に落ち着きが無く


常に、話しているか、歌っているか、動いているか
でした。


気にはなりつつも、ダメですね・・・。

忙しさにかまけて


見ぬ振りをしていましたら!

やっぱりね!という事態


反省を含め、ただ今

治療中なのですが。


まず、このような時に考えなければならないのが

白砂糖の摂取です。
白砂糖の摂取量が増えると、精神が落ち着かなくなるので
切れやすくなったり、多動になる原因になります。



自然療法を徹底している時は、当然
甘いものは、市販のモノは極力食べさせていなかったのですが

忙しくなった今、手を抜く事が多くなり
正直、コンビニ利用も多かったなぁ~~~~。反省

ジュースや甘いものを、お兄ちゃん達の時より
食べさせちゃっているしね・・・。


ココは、ドライフルーツとナッツで無事に解決します。
ジュースも、お茶や水で解決!


そして、ゲーム!と私の留守・・・。


コレがくせ者、前頭葉は感情と関係が深く
前頭葉の発達を妨げるのが、ゲームであったり
母親との関係、白砂糖の摂取であり、

多動の原因が
この前頭葉の発達に関係している。

改善策としては、まずゲームを減らし
スキンシップ
体を摩ることで、ありとあらゆる神経に作用するので
「可愛いね」「大好きだよ」などの言葉掛けとともに
触る、抱きしめる

ここ、2年ばかり留守が多かったから

その分私に触れている
関わっている時間が少ないから、こうなってもおかしくないのです。

子どもって素直で
体って凄いよね。


ちゃんと、反応しているんだよね。


母が留守がちという事は、ようは。大事な五感が育たないという事

ビジュアル分析学の講座でも、この事を凄く大事に
伝えているんだけどね。


医者の不養生、灯台元暮らし・・・ですた。


そう、その五感。

人の前頭葉は、五感からの情報を統合して、判断、決定をするところ。

人が人としての「思考、判断」をする
脳の司令塔的な役割をしていて、
人間は、前頭葉の発達した生き物であることが分かる。

前頭葉は、我慢する
褒められることで鍛えられ

今の子供達は、我慢をすることを嫌い、
忍耐力も無いので、前頭葉は益々衰えていく。

そして何より、我慢をしたことに対して
親が何倍も褒めて上げると、グングン前頭葉は発達して
刺激され

ゲームより、外遊び、
日本古来の遊びが前頭葉を鍛えることが出来る。



折り紙・・・指先の細かな動作、手の器用さが必要になる。
手は「外に飛び出した脳と言われ」前頭葉の刺激と深く関係がある。


テレビやゲーム機などの単純な動作は、
前頭葉は刺激されないので発達しません。

子ども達に、思考や判断(理性)の働きが鈍く、
色々な事件やいじめなどに関係しているのも

前頭葉の刺激不足と発達不足が深く関係しています。


そうやっぱりね
母親が自分の子に愛情を持って褒めたり、触れたりして
五感を刺激する事がどれだけ大事か・・・。


子は褒められて、前頭葉が発達するし
我慢をさせることで「忍耐力」がついて、
正しい思考や判断、行動の決定が出来るようになる。


虐待などは、前頭葉どころか、脳に極度のストレスを与え
脳へはとっても悪影響になるし

頻繁な場合は、精神障害や心の傷までも負わせてしまう。


前頭葉は、感情とも深く関わっているから
この前頭葉の発達不足は感情にも影響が出ます。

最近の子や、若い子で「ムカつくという言葉」を良く聞く

これは自己の思考を抑制する能力低下の表れで
理性の働きこそ、前頭葉の活性化が必要なサイン

自分の思い通りにならない、
思いが伝わらないもどかしさなどから、
イライラしたりして、ムカつくという言葉が出る


そして前頭葉は・・・。
前頭眼窩野という脳の疲れをコントロールしている脳部で

この脳部は「リアルな人!とのコミュニケーション」
をすることで鍛えられるから

友達や親子間で携帯電話やメールやLINEというような、
文書的なコミュニケーションでは、
前頭眼窩葉は発達せず、コミュニケーション能力も低下していく。


ココで大事なのは、
文章的コミュニケーション能力は上がっても

人の表情や感情などを感じ取る能力が育たない事が
問題になる。


子供の頃からの外で遊び、五感で体験する事が
前頭葉を刺激し、発達に結びつく。

冷たい風も樹木の香り、多くの人達と接することで
前頭葉がドンドン発達し、成長していく。

脳の成長以外にも身体の成長に欠かせない、体験です。

夏場暑いとき汗を出し、
寒い冬場には身体をブルブル震わせて、
身体を温めることで自律神経が発達し、同時に前頭葉の発達する。

我慢(忍耐力)を身に付けさせ、我慢したことに対して
「褒めて上げる」この至ってシンプルな、親子関係が

私の留守で、減ってしまっていた事
末っ子でしかも8番目

子育てもだんだん、いい加減になっていたのも事実


この子は、大丈夫
お兄ちゃんも居るし・・・って

違うよねぇ~。


大反省であります。

ちゃんと、ママの愛で回復させるからね!


ごめんよ。あ~ちゃん

兄ちゃん達に、わがままが許され
ママに褒められることがあまり無くて

お家に居る事が多く、自然体験も、昔より減ってきて
思考や判断、行動の決定が鈍くなっていっているのが分かる。

ようは、これらが前頭葉の発達不足、刺激不足に繋がって
理性の働きも鈍く、反抗的になり、多動を引き起こしていた

このまま、気づかず、大きくなっていったら
犯罪まで起こす結果になりかねない

大げさじゃなく、コレ。
ホント・・・。

正常な脳にする為に
前頭葉を刺激するような遊びや
生活をまた、させないとですなぁ。。。


食事内容も重要だからまた、ナチュラル生活に戻します。

洋食中心や肉類、ハンバーガーなどでは
味覚は勿論、脳も刺激されず発達しません。

知っていて、やらなかったというか

良い訳ですが、手作りはしていたものの

手抜きはいかんですな。


和食中心の食事を箸で、ゆっくり咀嚼して食べる。

コレが基本!!!!

脳は身体(内臓)と繋がっている重要な臓器だからね

こんなんじゃ、アトピーもでるはなぁ~~~~。


オメガ3の摂取と腸内のクリーニング
白砂糖のレス
コミュニケーション

よっしゃ!

見直し見直し・・・。


こうやって、子どもが
発するもの

異変を見逃さずに
今を、ちゃんと理解していく。

今朝も、朝から・・・

気に喰わないオーラ全開で
切れまくっているので。



ちょっと重傷じゃ

気長にやってくしかないので
頑張ろね!

あ~ちゃん

~参考記事~

アトピーとゲルマニウムの記事http://ameblo.jp/haradayumi/entry-11785483621.html

アトピー手作りクリームhttp://ameblo.jp/haradayumi/entry-11783171155.html